• smart犀
  • 分解回収型
  • 引抜回収型
  • 超小口径
  • movie

smart犀

「smart犀」は、ラムサス工法で培ったノウハウを基に、さらなる改良を加え、多様なニーズに対応します。
   省スペース施工でスマートに!より強力に!より環境に優しく!

 

 

Φ2500立坑から分割発進可能!(smartジャッキにて分割発進が可能)

Φ1500立坑から分割回収可能!

到達立坑寸法を2ランクダウンさせ、立坑築造費の経済性を向上しました。
ビット交換用立坑もΦ1500から交換可能

分解回収型掘進機は、最小3号既設人孔(Φ1500)から回収が可能

 

■既設人孔からの掘進機回収が可能

クイックターン

  • 掘進機本体を残置することなく、既設管渠や人孔への到達が可能。
  • 掘進機内部の機械・装置を容易に回収し転用可能。
  • 到達立坑は、人孔築造可能な再送寸法まで縮小できるため、よりコストダウンが可能。
  • 掘進機の切断解体作業をなくし、坑内の作業環境を改善。

  • 多彩な管呼び径や管種への適応を可能とし、小さい呼び径での管渠敷設ができ、環境負荷の低減や工期の短縮を可能とする。
  • 小口径泥土圧吸引排土方式で、1スパン120mの中長距離の施工が可能。
  • コーンクラッシャを搭載し、普通土はもちろん礫混じり土(C土質相当)までの施工を可能とした。
  • 小型ストラット型ジャッキやエアジャッキ(特許取得)を使用することにより、小さな発進立坑での作業スペースを確保でき、初期掘進や立坑内作業を安全に行える。
  • 先導体は、4本の方向修正ジャッキを搭載し、安定した方向修正が行えることに加え、小型電磁波測量装置を機内に搭載することにより、最小でR:100mの曲線施工に対応。
  • 周辺設備を軽量化・省スペース化することにより、オントラックでの施工を標準とする事が可能。
  • 準中型運転免許(車両総重量5t/最大積載量3t級)で車両の運転が行え、免許制度と人材不足の問題を解消。
  • 到達位置確認システムを搭載することにより、到達精度をアシストする。
 

作業終了後は、道路占用を開放

Φ1800立坑から発進、2号人孔から到達回収が可能。

<施工可能条件>

  • 1スパン120mまで施工可能
  • 最小曲線R=100m

<対象管種>

  • Φ250mmレジンコンクリート推進管(RS管)
  • Φ200mm鉄筋コンクリート推進管
  • その他、塩ビ管など